質のよい医師求人をたくさん用意できる医師転職サービスへ
 登録することができるかどうかが、今後の転職にとって大きな分かれ道となってきます。

医師募集と医師アルバイト

医師転職するなら

医師求人をしらべる

医師アルバイトに見る現状

医師募集といえば、常勤の医師を募集している勤務先が多かったのが過去の状況ではないでしょうか。

学生の医師をアルバイトとして夜勤などで来てもらうといったイメージが強い方も多いと思いますが、現在の医師募集では状況は変化してきています。

医師によっても、常勤として働くのではなく家庭との両立のため、常勤では働くことをためらう医師も大勢います。また、医師不足を解消し、常勤の医師の負担を軽減するためには、能力は医師として働ける同じキャリアを持つ医師が必要となってきます。

こういった条件がマッチした医師アルバイトを募集している病院は多くなってきています。

医師としても、家庭との両立やプライベートを充実させるために、長時間の労働ができない、またはこのまない医師でも、仕事量に見合った給料が受け取ることが可能なのです。

医師アルバイトはこれからも、大切な雇用形態のひとつなってくることは間違いがないでしょう。

医師不足のために、医療の低下を防ぐためにも、医師の雇用条件の幅を広げるためにも、今後医師アルバイトや医師非常勤としての医師募集の増加が見込まれてくることが予想されます。

医師アルバイトの報酬について

医師アルバイトは多少の差はありますが、時給10000円が相場となっています。医師の仕事であれば最低これくらいの報酬は確保されます。医師アルバイトにも様々な形態があります。日中の外来勤務、夜間の当直医、1日働き80000万程。外来勤務ですと、初診対応や得意な科目の診療や、半日勤務で40000万程。

当直対応は一晩40000万程。このように報酬は一般のアルバイトに比べ、とても高くなっています。このように医師アルバイトは時給10000万が平均となっているということです。今、勤務していること以外にアルバイトする医師が増えています。

福島県での医師アルバイトについて

福島県は東日本大震災では、大きな被害を受け、住民は心身共に疲労がたまってきている状態です。しかし、過疎化や少子高齢化に歯止めがかからず、医師不足が大きな問題となってきています。高齢者が多い地域のため、安心して生活できる医療環境を整える必要があります。

最近では、医師アルバイトとしての雇用形態が増えてきています。定期的であっても病院が開院していると、体調の不安を相談することができます。そのため、医師アルバイトの求人が多いです。震災の疲れや不調が残っている方もいるので、しっかりとした医療サービスを提供できる仕組みが必要です。

ホスピスの医師アルバイトで経験を積む

医師アルバイトとは非常勤の医師のことです。行事などで不在のドクターの穴を埋めたり、一時的な人手不足の人員補充に病院が求人を出していることがあり、休日も働きたい医師にとってもメリットのある働き方のスタイルです。

ホスピスでもこの医師アルバイトを募集しています。ホスピスとは緩和ケアを行う施設のことです。専門知識も大切ですが、それ以上に患者さんに優しく、話をよく聞いてあげられる姿勢が求められる職場です。以前は年齢層の高い医師が働く職場というイメージがありましたが、最近では内科や外科などの様々な科目から経験を活かしたいと考える若い医師が増加傾向にあるようです。

麻酔科の医師アルバイトは需要が高い

麻酔科の医師アルバイトは需要が高いので、良い条件で雇ってもらえる可能性があります。医師アルバイトの中でも、特に求人を求めている分野は麻酔科と産婦人科の二つです。特に、麻酔に関しては扱うことができる医師の数がどんどん減っている傾向にありますので、扱うことができる医師と言うだけで待遇が良くなることもあります。

特に、麻酔を扱える医師は大都市に集中している傾向にあり、特にベッド数が少ないクリニックなどの診療所には常駐して麻酔を扱うことができる人が減っている傾向にあります。そのため、こうしたところで求人を探せば良い職場を探すことができるでしょう。

医師募集に関する記事