質のよい医師求人をたくさん用意できる医師転職サービスへ
 登録することができるかどうかが、今後の転職にとって大きな分かれ道となってきます。

医師募集と医師アルバイト

医師転職するなら

医師求人をしらべる

内容を見極めたい医師募集

非常勤の医師募集では、時間に制約されない医師の働き方をバックアップしてくれるものとなるでしょう。特に子育て中の女性医師や、ブランクの空いた医師の復帰場所としても活用することができます。

非常勤といっても、時間給としては常勤医師より高く、収入面で申し分のない好条件である場合が多いものです。ですが中には必要に迫られて残業や夜勤が発生する可能性もゼロではない医療機関もあるようですから、入念にチェックする必要があります。募集要項と実情が違うといったことにならないよう、重要な要点を抑えた転職活動をおこなうことが肝心です。

新しい人材を探しているのであれば医師募集をかけてみよう

今いる医師だけではもう患者さんを見切れないとなった場合には早いうちから医師募集をかけておくことが大切です。応募が来てから選考して、結果を出すまでに早くても1か月程はかかりますので、できるだけ早いうちに体制を整えておく必要があります。

医師募集をかける方法としては、①インターネット上にある求人サイトに登録をする②広告を作成して、電車などに張る③cmをする④人材派遣会社に登録をするなどがあります。この中で②、③は非常にお金がかかるため、効果はかなりありますが、お金をかけた分元がとれるかどうかは怪しいです。気軽にできるのは①もしくは④です。

医師募集をしっかりと確認

医療機関が医師募集をおこなっていくうえで、ほかにどのような医師求人があるかをしっかりと確認すべきでしょう。

最近では医療系の求人サイトも急増していて、さまざまな条件の医師求人も増えていますので、医師求人の相場や条件などをしっかりと確認することが大切です。そのような相場や条件によって医師の質も変わってきますので大切なことであります。

また、医療用の医師求人サイトを作成しているキャリアコンサルタントや、エージェンシーであれば、求人の市場を熟知されていますので、しっかりとヒアリングをおこなってもいいでしょう。

人材不足の解消にも医師募集サイトは欠かせない

医師が転職するとなると、教授から紹介を受けて関連病院に行く方法と、医師募集をしている求人サイトから応募する方法があります。

登録している病院の中には、人材不足にて募集しているところもあるので、気軽に観覧できる求人サイトを活用することにより、人材の確保をしている場合もあります。

また、掲載している情報では、病院の雰囲気や人間関係はわからないので、応募するときは事前に病院訪問をして、自分の目で確認することも大事です。一度採用されてしまうと、退職や転職が難しくなるので、じっくり検討し考えることも必要です。

医師募集の時に有利になる資格ってあるの?

医師募集に申し込む時にはエントリーシートや、履歴書を提出するのですが履歴書には資格などを記載するスペースがあります。そこに記載できるといいような資格はあるのでしょうか?

医師の就職活動をするという時点で、医師免許を持っている、もしくは取得予定であるというのは大前提です。それ以外ですとやはり今の世の中では、TOEICの高得点もしくは英検準2級以上を持っていると有利になるのではないでしょうか?また住んでいる人口比率が高いため、中国語や韓国語検定も持っていると有利に働くことがあります。

それ以外ですと、介護系の資格であったり、医療事務の資格であったりするものを持っているといいかもしれません。

医師募集に関する記事